FC2ブログ
12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

コードネーム:ジンジャー 

と言っても体重移動だけで好きなところに進むことが出来る夢の乗り物の事ではありません。

ginger_ramen_1.jpg
幡ヶ谷にある生姜醤油ラーメン専門店、我武者羅。
尚、駐車場は無いらしくお車で来店の際はお近くのコインパーキングを利用する必要ありっぽいです。

ginger_ramen_2.jpg
基本はあっさり味の生姜醤油ラーメンとなるんでショウガ、この日はガッツリ食べたい気分だったので初来店ながら背脂入り、しかもデフォルトのラーメンではなくつけ麺を頼んでしまいました。
ちなみにつけ麺の麺は200gと300gどちらかを選べます。
更に増やす場合は麺増しチケットを購入。

ginger_ramen_3.jpg
つうワケで程なくしてつけ麺登場。
麺はやや太麺、チャーシューじゃハムに近い感じです。
つけ汁は背脂が入っている様ですが、通常のラーメンと背脂ラーメンとではベースとなるタレが違うらしいです。

ginger_ramen_5.jpg
具は他にメンマ、ざく切りしたネギ、そして乾燥した岩海苔が入っています。
麺の硬さも注文時に選べたので、硬めで頼んでみました。

ginger_ramen_4.jpg
こちらがつけ汁。
ふわーっと生姜の香りがします。
尚、生姜に関しても注文時に無料で増量する事ができるみたい。
隣りにいたお客さんが増量していました。

ginger_ramen_6.jpg
モチモチした麺にちょっと濃い目のつけ汁を絡め、いただきます。
食べた直後に生姜の味が広がりますが、思っていたよりもずっと柔らかい感じで良いバランス。
実は以前、生姜入りラーメンを食べた時に生姜がキツくて苦手意識を持ってしまった事があったのですが、このバランスならば全然大丈夫、いやむしろ旨い。
スープも基本的にあっさりとした生姜醤油ですが背脂が入っている分、パンチもあります。
そんなこんなであっさり味持てつだってか300gもつるりとペロリと食べてしまいました。
食べ終えた後はスープ割りを作ってもらう事ができます。
スープで割った後も店員さんが「濃かったら足しますので。」と気を使ってくれていました。

ginger_ramen_7.jpg
麺丼の底には完食の証(通常のラーメンでは無いらしい)、完杯・お主に幸あれ!の文言。
尚、つけ麺は麺増しをした上で麺を残すと100円の罰金らしいので食べる量にはご注意ですね。
完杯できる量を食べなさいよって事。

ginger_ramen_8.jpg
こちらは通常の生姜醤油ラーメン(つっても追加チャーシュであるとか麺増量とかトッピングされていますが)。
スープはあっさり味で、麺も小麦感あふれるストレート細麺でした。
このバージョンもなかなか美味しかった。


営業時間は年中無休で11時30分~15時、18時~23時までの2部構成となっています。

寒い冬場にぴったりな生姜醤油ラーメンを食べてみたい方、是非とも訪れてみて下さい。
スポンサーサイト

category: 食べ歩記

Posted on 2019/01/18 Fri. 18:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コーンマヨネー寿司 

ファミリーマートのおにぎりに新作が出てたので早速買ってみました。


それがコイツ、コーンマヨネーズ寿司!
最高に旨いスイートコーンと最高に旨いマヨネーズ、そして酢飯が組み合わされて旨くないワケご無いでしょ!


熱量は254キロカロリー。
でもコーンマヨネーズはあまりの旨さに飛び回るから消費して結果0カロリーになるから大丈夫。


いわゆるコーンパン系が米に置き換わった感じですが、やや甘めに味付けされたマヨネーズとスイートコーンが混ざりあって旨味185%。
更に酢飯が加わって旨味総合値228%!
最高に旨いおにぎりに歓喜したので、見かける度に買ってしまいます。
ファミリーマート、どうしてくれるんだよ、、、


ちなみに個人的にはコッチのネーミングの方が遊びがあって好きかなあ。

多分、期間限定だとは思いますので全世界のコーンマヨラーはこの記事を読みながら買いに行くべし!



出来ればレギュラー化してほしいなあ、、、
まあ、無理でしょうけども。

category:

Posted on 2019/01/16 Wed. 13:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

イケヤゾメ 

先月中に行けなかったつけ麺のお店、池谷精肉店に行って来ました。


お昼直撃の時間をずらしていったのに相変わらずの盛況。
店内に入り一軽く挨拶を済ませ、選んだつけそばは、、、


我流つけそば、麺多め!
背油チャッチャでパンチの効いた逸品です。


麺は無料で増やせる多めをセレクト。
自家製麺は相変わらずのぶっとさ。
我流つけそばのパンチスープにはこの太さがよく似合います。


ほどよい固さのチャーシュー。
我流はラーメン版もあるんですが、これを肉増しにするとチャーシュータワーとなって出てきます。
幸せの塔。


そして池谷精肉店と言えば絶対はずせない山くらげ。
実は我流つけそばか牛すじつけそばか迷ったんですが牛すじには山くらげが入っていないので今回のチョイスの決め手になりました。
ホント歯触りシャキシャキです最高ですよね。

そんなこんなで今回も安定の旨さ。
次回は牛すじカレーか、あるいは食指をそそる期間限定とか食べてみたいですね!

category: 食べ歩記

Posted on 2019/01/13 Sun. 07:46  edit  |  tb: 0   cm: 0  

肉ジューはち 

中華料理南京亭が展開する焼肉チェーンの華はなぎゅうって所でお正月限定でスペシャルランチがやってるっつうので早速行ってみました。
ちなみに行ったのは1月4日でお正月ランチ最終日。

hanagyu_showgatsulunch_1.jpg
炭火焼肉って事でテーブルの上には炭火焼肉用のプレート(?)があります。

hanagyu_showgatsulunch_2.jpg
限定ランチはAかBかビビンバ。
まあ焼き肉を食べに来てるのでビビンバは無いとしてAとBの違いはハラミかカルビかって感じだったので、少しでもお安くって事でAセット(税込みだと1501円)をチョイス。

hanagyu_showgatsulunch_3.jpg
程なくしてAセットのお肉が登場。
これの他にご飯(おかわり自由)、スープ、小鉢とデザートが付いてきます。
ちなみに野菜は申し訳程度ですが、まあ無いよりは・・・て感じですかね。

hanagyu_showgatsulunch_4.jpg
メインはサーロインなんでしょうかね。
多分、これがサーロインだと思いますがお肉の種類(部位)ってよく解らんです。
塩タンみたいに完全に見た目が違えば判断がつくのですが・・・
尚、友人曰く「1月1日に来た時の方が肉のクオリティが高かった」との事。

hanagyu_showgatsulunch_7.jpg
1月1日の写真がコチラ。
なるほど確かにサシが入っており肉肉しい感じはしますね。
個人的には赤身肉も好きなので今回のでも問題ないんですが、トロっとしたお肉が好きな人は同じ値段を払ってるのにちょっと・・って思うかもしれませんね。
ちなみにお正月ランチは1月4日が最終日。
これは憶測なのですが3日までの間に大多数のランチ分のお肉が出てしまい、もう絞りカス部分しか残っていなかったんじゃないかって見解となりました。

hanagyu_showgatsulunch_5.jpg
まあお肉なんてのは焼いて美味しいタレつければ何でも旨くなりますよ。
ただ、炭火なので火力にムラがありなかなか焼けない場合もあるのがネックでしたが、それも含めての焼き肉。
じっくり時間をかけながら焼きました。

hanagyu_showgatsulunch_6.jpg
タレの種類もノーマルの他、辛口、甘口とあり、またおろしニンニク等の味変アイテムも多彩で美味しくいただきました。

ランチとは言え1500円はなかなか豪勢な感じはしましたが、まあお正月ですしたまにはこんなランチも良いんじゃないでしょうか。


category: 食べ歩記

Posted on 2019/01/10 Thu. 13:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コカ・コーラ、値上げへ。 

コカ・コーラが27年ぶりに値上げを実行するらしいですね。
主な対象は大容量、つまり1.5リットルとか2リットルのペットボトル製品でコカ・コーラをはじめアクエリアスとかファンタなんかも対象との事。
値上げの理由は原材料費や物流費の高騰等が主だと言う事です。
値段に関しては定価ベースで一律20円プラス、つまり従来320円だったものが340円となるみたいです。
私は大容量ペットボトルに関しては通常はコンビニではなく、スーパーで購入するのですが通常は税別で118円とか127円とかとなっている値段が138円とか147円とかになるんでしょうかねえ・・・
実売ベースでの値段が気になりますね。

lime_cola_01.jpg
幸いなことに500ミリリットルのペットボトルに間しては今回は値上げの対象から外れるらしいんですが、ここ最近はアイスをはじめ、様々なものが値上げされ、そして消費税も上がるでしょうし、でも給与水準はほぼ横ばいとなっているので、色々と立ち行かなくなっていくんでしょうかね。
よく若者の○○離れって言いますが、離れたくて離れてるんじゃなくてそれを行う(買う)金が無いんですよね。
単純に。
物の値段が上がるんだったら給料の水準も並行して上がっていかなければおかしい、つまりは販売金額が上がってるのにそれが労働者に還元されてこないって状態になっているワケで、それってどこかでせき止められてるって事ですよね。
一体、どこの誰がため込んでいるんでしょうね・・・
気になります。

category: ドリンク

Posted on 2019/01/08 Tue. 19:07  edit  |  tb: 0   cm: 0